FXの税率は?

FXの利益に対する税率は決まっていて、
20.315%です。

20.315%の内訳は、
・所得税15.315%
・住民税5%


で、合計20.315%

国内の証券口座を利用している場合はこの税率と一律に決まっていて、
利益が100万円の人でも、1億円の人でも変わりません。

しかし、海外の証券口座を使っている場合は、
海外の税制度に従わないといけません。

※海外口座については後ほどご説明します。

FXの必要経費

さて、FXで成功するために色んな努力をしますよね。

情報を集めたり、設備を整えたり。
例えば、下記の様な出費はありませんか?

・書籍や商材の購入
・専用パソコンの購入
・インターネットの通信費
・その他FXのために使った経費

など

これらにかかったお金は経費として利益から差し引いてもらいましょう

経費を差し引いても利益が残れば、
その中から20.315%を税として収めることになります。

(経費の領収書など証明は必ず残しておきましょう)

負けの時こそ確定申告

年間でマイナスだから確定申告しなくてよいと思っている方。
損をする可能性がありますよ。

マイナスでも確定申告しておけば、
次の年に利益が出ても納税しなくてよくなるかもしれません

例えば、-100万円の損になったので確定申告をしなかったとします。
その翌年に今度は運よく110万円の利益がでました。

その場合、110万円の利益のうち約20%は税金として納めなければいけません。


しかし、-100万円の時にちゃんと確定申告をしておけば
前年の-100万円と翌年の利益110万円を相殺することができるので、
税金を払う必要がありません

(利益が20万円以下の場合は確定申告しなくてOK)

この『繰越控除』という制度を利用するため、マイナスのときでも確定申告をしましょう。

海外のFX口座について

国内FX口座での税率は約20%でした。

では海外のFX口座利用者はどうなるのでしょう。

海外口座の場合は日本の税制ではなく、海外のルールに従わなくてはいけなくなります。

まずは一覧表をご覧ください。

利益額(年) 海外証券税率 (国内証券税率)

195万円以下

15%

一律20.315%

195万~330万円

20%

330万~695万円

30%

695万~900万円

33%

900万~1,800万円

43%

1,800万~4,000万円

50%

4,000万以上

55%


このように、国内FX口座ではいくら利益が出ても20.315%と決まっていますが、
海外では累進課税で税率が変わってきます。

海外口座は200倍や400倍といったハイリスクハイリターンの勝負ができますが、
330万円以上稼ぐと国内以上の税率になります

まとめ

国内FX口座の税率は約20%
FXのために使ったお金は経費にできる
損失が出た時こそ確定申告をしよう
海外口座はギャンブル性が高くなる
FXも国が認めたお金の稼ぎ方の一つです
初めてのFX口座なら大島優子のFX
初回入金額キャッシュバック総合評価
0なし 最大150,000150,000円
rate_stars
5 /
4.7
よくあるご質問
FXを始めるには何が必要ですか?
取引をする為の証券会社の口座が必要です。
なお、口座開設には、身分証とマイナンバーが必要です。
口座開設はどうすればできますか?
口座開設にはネットからの申込みが必要です。厳しい審査などはなく5分程度で完了できます。
口座は維持費など一切なく無料です。銀行口座をイメージしていただければ良いかと思います。
いくらから始められますか?
最低5,000円程度から始められます。
※1000通貨取引で、1ドル125円未満の場合
どのような人が口座開設をしますか?
専業主婦からサラーマン、学生まで様々です。
時間のない方は、家事の合間や移動時間を使って取引をされる方も多くいらっしゃいます。
初心者はどのような口座の選んだらいいですか?
わかりやすい操作画面で、初期投資が少なく始められる口座がオススメです。
大島優子さんでお馴染みの外為オンラインは、初めての口座開設にぴったりです。
失敗して借金になったりすることはありますか?
FXにはロスカットという仕組みがあるので、ご安心下さい。
予め設定されている損失のラインを越えると、それ以上損失が拡大しないように、システムが自動で決済をしてくれます。
※ごく稀にロスカットが執行されたとしても、証拠金を上回る損失が生じる場合があります。