投資信託とFXの違いとは?投資初心者が知らない投信とFXの違い

この記事は3で読めます
投資信託を始める人は、何にメリットを感じて始めようと思うのでしょうか?また、投資信託もFXも同じ投資ですが、どのような違いがあるのでしょうか?今回は、投資初心者の人が始めやすい投資信託とFXを比較してみたいと思います。どっちが良いか迷っている人は、是非参考にしてみてください。

そもそも投資信託ってなに?

そもそもの話ですが、投資信託ってなに?と言う人も多いかもしれませんね。
投資信託とは、複数の投資家から集めたお金をプロの投資家が運用する投資商品となります。

投資信託の商品ごとに、アセアンの成長率が高い国にだけ投資する商品でしたり、国内上場している企業にだけ投資する商品でしたりと、様々な特徴があります。
運用する人の気まぐれではなく、それら投資信託の特徴で買う買わないを考えられるわけです。

また、投資初心者の人が思いつきで資産運用を始めるよりも、その道のプロが運用してくれるということで、ちょっとした安心感があるものです。
初心者人気No.1!大島優子のFX
初回入金額キャッシュバック総合評価
5,0005,000円 5,0005,000円
rate_stars
5 /
4.7

投資信託のデメリット

投資信託は、それぞれの商品の特徴やコンセプトでプロの投資家に運用してもらう商品だと説明しましたが、では投資信託にデメリットはあるのでしょうか?

端的に言ってしまいますと、投資信託の一番のデメリットは手数料の多さにあると言えます。

プロの投資家に運用してもらうのですから、手数料が多いというのは納得できると思います。
ただ、投資信託を購入する際(購入時手数料)、投資信託を運用してもらっている間(信託報酬・売買委託手数料など)、投資信託の換金時(信託財産留保額)など、ものによっては何度も手数料を引かれてしまう投資信託もあるのです。

当然、元本保証がされているわけではありません。
そんな中、手数料がかかるシーンが多いというのは、テンションも下がってしまうと言うものです。

投資信託と比べてFXはどうなのか?

投資信託と比べ、FXもスプレッドと言う手数料が発生してしまいますが、これは僅か数銭で終わるものがほぼほぼです(米ドル円であれば、スプレッドが0.1銭〜0.2銭と言ったFX会社も出始めてきました)。
手数料の面では、圧倒的にFXの方に分があると言えます。

また、FXにはシステムトレードと言って、今までFXで勝ってきたプログラムを基に自動売買できるツールもあります。

プロに運用をお願いする投資信託と似た感じですね。

サラリーマンの人で日中にFXを触る暇なんてないよ!という人が投資信託に乗り換える割合も何割かあるかと思いますが、FXもシステムトレードを使えば常に相場に張り付く必要もないんです。

投資信託に魅力を感じていた人も、これを機会にFXのシステムトレードをチャレンジしてみてはいかがでしょうか?
閉じる
FX会社人気ランキングを見る