FXのクロス円とは?ドルストレートとの違いとクロス円の特徴

初心者の方がFXについて調べていると、聞きなれない言葉がいくつか出てくると思います。今回紹介します「クロス円」という用語も、その1つではないでしょうか?FXでよく耳にするクロス円について、今回は勉強していきたいと思います。是非最後までお付き合いください。

クロス円の前に!ドルストレートについて

皆さん「基軸通貨」という言葉はご存知でしょうか?多くの方々が知っての通り、世界の為替の中心であり貿易の際もメインの通貨となる米ドルが、現在の基軸通貨となります。

そして、円と米ドル間で取引をする場合、ドルストレートという表現が使われます。

クロス円とは?

クロス円とは、このドルストレートの対になる言葉として生まれた表現になります。クロス円を端的に表現するのであれば、円とドル以外の通貨ペアのことを言います。

例えば、ユーロ円でしたり、ポンド円などが代表的なクロス円です。

なぜクロス円という表現なのか?

さて、先程クロス円がドルストレートと対になると触れましたが、そこについて少し詳しくみていきましょう。

基軸通貨は米ドルです。どんな時も今現在は米ドルが中心です。なので、例えばユーロ円で説明しますと、実は「ドル円」で円をドル換算し、そこから「ユーロドル」でユーロ換算する流れになります。端的に言えば、ユーロ円はユーロと円の直接の取引ではなく、基軸通貨の米ドルを介した取引、米ドルをクロスさせた取引となるわけです。

米ドル以外の通貨を、米ドルでクロスさせた円取引=クロス円という理解で大凡よろしいかと思います。

主要なクロス円

ユーロ円、ポンド円、スイスフラン円、豪ドル円、ニュージーランドドル円、カナダドル円、トルコリラ円、南アフリカランド円などとなります。

クロス円の特徴

クロス円の特徴としては、ドルストレートよりも値動きが激しいことが挙げられます。

理由は簡単です。先ほどの説明の通り、例えばユーロ円であれば、一度ドルに換算してからのユーロ取引となるため、ドル円とユーロドル2つの変動幅を持った取引となるためです。

ファンダメンタルズ(為替相場に影響を与える指標などの発表)などで想定外の動きがあった際、ドルストレートよりも大きな影響を受けることが多いです。
初心者に選ばれている定番FX口座を比較
外為オンライン

外為オンライン

DMMFX

FXブロードネット

FXブロードネット

FXブロードネット

口座開設数
二重丸-橙

約53万口座

二重丸-橙

約70万口座

三角-青

約17万口座

手数料のやすさ
(スプレッド)
丸-青

ドル/円 1.0銭 原則固定

二重丸-橙

ドル/円 0.3銭 原則固定

二重丸-橙

ドル/円 0.3銭 原則固定

サポート体制
二重丸-橙
丸-青
三角-青
初心者向け度
二重丸-橙
丸-青
丸-青
キャッシュバック

最大5,000円

最大20,000円

最大20,000円

公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら
閉じる
FX会社人気ランキングを見る