FXテクニカル分析とは?ローソク足や移動平均線など基本について

FXを勉強していると、「テクニカル分析」という言葉に出くわすことがありますよね。このテクニカル分析、FX初心者の方にとっては名前を聞くだけで難しそうな印象を与えると思います。勉強をすればするほど色々な種類があり奥深いものなのですが、今回はテクニカル分析についてまずは簡単な内容をご紹介できればと思います。ぜひ最後までお付き合いくださいませ。

FXのテクニカル分析とは?

FXのテクニカル分析とは、どういった分析のことをいうのでしょうか?
簡単にご紹介してしまうと、チャートの動きを読み取り分析することで、今後の動きを予測することを指します。

テクニカル分析:ローソク足とは?

FX初心者の方でも「ローソク足」という名前は聞いたことあるのでは無いでしょうか?
赤と青で形が蝋燭にそっくりなチャートのことを言います。

始値が終値よりも高い価格で終わると赤い陽線で表示され、逆に始値が終値よりも安く終わると青い陰線で表示されます。
この陽線と陰線には、期間中の最高値と最安値を表現する上ヒゲと下ヒゲがあります。

陽線陰線もそうですし、このヒゲの長さなどもトレンドの流れや変化などを読み取るために重要な材料になることが多いです。

テクニカル分析:移動平均線とは?

FXにおける代表的なテクニカル分析をいくつか紹介したいと思います。

移動平均線:期間内の価格を平均化し滑らかなチャートになるよう加工したものになり、トレンドを読む際に利用されています。

短期の移動平均線と長期の移動平均線が交差することをデッドクロス・ゴールデンクロスと言い、短期移動平均線が長期のそれを上から下へ抜けるクロスがデッドクロス=売りのサイン、逆に短期の移動平均線が長期の移動平均線を下から上へ抜けるクロスがゴールデンクロスとなり買いのサインとなります。

その他のFXテクニカル分析について

当然ですが、FXのテクニカル分析は先ほどの内容のものだけではありません。

他にも有名どころとしては、「ボリンジャーバンド」「MACD」「RSI」などがあったりします。

テクニカル分析と一言でいっても、それぞれに様々な特徴があります。
その場その場の相場環境でも合う合わないがあったりもします。
FXを勉強する上でテクニカル分析は大きな要素となります。
難しそうだなと思っても、どんなものなのか概要は把握しておくようにしましょう!
初心者に選ばれている定番FX口座を比較
外為オンライン

外為オンライン

DMMFX

DMMFX

FXブロードネット

FXブロードネット

口座開設数
二重丸-橙

約53万口座

二重丸-橙

約70万口座

三角-青

約17万口座

手数料のやすさ
(スプレッド)
丸-青

ドル/円 1.0銭 原則固定

二重丸-橙

ドル/円 0.2銭

二重丸-橙

ドル/円 0.2銭

サポート体制
二重丸-橙
丸-青
三角-青
初心者向け度
二重丸-橙
丸-青
丸-青
キャッシュバック

最大5,000円

20,000円

最大20,000円

公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら
閉じる
FX会社人気ランキングを見る