FX海外口座は国内口座と比べておすすめなの?海外FXについて

FXのことを調べていると、日本国内の企業のみならず海外でもFX口座が作れると言った情報を見ることがあると思います。海外企業でFX口座を作る人は、どのような理由から作ろうと考えるのでしょうか?また、FXの海外口座は魅力的なのでしょうか?今回はそのことについてみなさんと一緒に考えてみたいと思います。

FX海外口座を作ろうとする人の動機とは?

日本国内のFX会社と比べ海外FX口座を選ぶ人は、何を魅力としているのでしょうか?
端的にその理由を申し上げると、FX海外口座の一番の魅力はハイレバレッジとなります。

日本国内のFX事業者ですとレバレッジが最大25倍となっており、投資家保護のため更に縮小されるのでは?と言った流れもあったりします。
対して、FX海外口座はレバレッジ2,000倍を提供する口座もあったりと、日本のFX会社のレバレッジと比べると圧倒的な差があります。

レバレッジとは、通常の証拠金以上の取引ができる仕組みのことを意味し、例えばレバレッジ25倍であれば4,000円の証拠金で25倍の10万円規模の取引ができると言った計算になります。
これが2,000倍と言うことで、それだけハイリスク・ハイリターンのFX取引が出来ることを意味します。

なぜ国内口座は海外口座と比べ低レバレッジなの?

日本のFX口座は最大レバレッジ25倍、対して海外口座は最大で2,000倍と大きな差があるわけですが、なぜここまで差が開いているのでしょうか?
その理由は、日本の金融庁が投資家保護のためハイレバレッジの企業の運営を認めていないからなのです。

先ほどもちらっと触れた通り、レバレッジ2,000倍はハイリターンを狙える魅力はあるものの、反面ハイリスクを抱えているも同然です。
過去、日本の企業もレバレッジが最大で400倍などと言ったハイレバレッジ企業がありました。
ですが、同じく投資家保護の観点から、金融庁は日本国内のFX事業者に対し、最大レバレッジを25倍まで抑制するようお達しを出したのです。

レバレッジが高いことは、それだけ大きなリスクがあることを認識しておきましょう。

FX海外口座はおすすめなの?

海外のFX企業で口座を開き取引すること自体は、違法ではありません。
また、散々ご紹介した通りハイレバレッジで一攫千金を狙いたいユーザー心理も十分理解できます。

ただ、忘れてはいけないのは、その分リスクが高いと言うことと、日本の金融庁が認可を出していない分、何かトラブルが発生しても国の機関に助けを求められないと言うことです。

そのようなリスクを抱えてまで、あなたは大切なご自身の資産をFX海外口座で運用しますか?
当サイトは、FX海外口座での取引を決しておすすめ致しません。      
初心者に選ばれている定番FX口座を比較
外為オンライン

外為オンライン

DMMFX

DMMFX

FXブロードネット

FXブロードネット

口座開設数
二重丸-橙

約53万口座

二重丸-橙

約70万口座

三角-青

約17万口座

手数料のやすさ
(スプレッド)
丸-青

ドル/円 1.0銭 原則固定

二重丸-橙

ドル/円 0.2銭

二重丸-橙

ドル/円 0.2銭

サポート体制
二重丸-橙
丸-青
三角-青
初心者向け度
二重丸-橙
丸-青
丸-青
キャッシュバック

最大5,000円

20,000円

最大20,000円

公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら
閉じる
FX会社人気ランキングを見る