FXの取引単位とは?1枚や1Lotってなんのこと?

取引をする数量の基準がバラバラでは取引がうまくいきません。そこで使われる用語が「取引単位」です。 ここでは、FX用語である「取引単位」の意味や注意したい点を詳しく紹介します。

取引単位とは?

『取引単位』という用語は、取引を行う時の最低取引数量のことを意味します。

現在、FX各会社で取り扱っているのは『1万円単位』『1千円単位』といった取引単位が主流となっています。

1Lotとは?

1万通貨単位、1000単位通過を『1枚』『1Lot』という言い方をするFX会社もあります。

最近では1通貨単位で取引できる会社もあります。

FXを始める際は、1Lot『1Lot』『取引単位』がいくらなのか把握しておく必要があります。

各会社ごとに取引できる単位が違う場合もあるのでFXを始める前に取引したい単位を確認、把握してから始めましょう。

少額で取引を行うには

FX取引をするのは初めてで、少額から始めてみたいという方は『最低取引単位』(売買単位)が少ないFXを選択するのも1つの手でしょう。

しかし、取引単位が低いということは利益もその分低くなるので1000通貨単位からが無理なく始められるでしょう。      
初心者に選ばれている定番FX口座を比較
外為オンライン

外為オンライン

DMMFX

FXブロードネット

FXブロードネット

FXブロードネット

口座開設数
二重丸-橙

約53万口座

二重丸-橙

約70万口座

三角-青

約17万口座

手数料のやすさ
(スプレッド)
丸-青

ドル/円 1.0銭 原則固定

二重丸-橙

ドル/円 0.3銭 原則固定

二重丸-橙

ドル/円 0.3銭 原則固定

サポート体制
二重丸-橙
丸-青
三角-青
初心者向け度
二重丸-橙
丸-青
丸-青
キャッシュバック

最大5,000円

最大20,000円

最大20,000円

公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら
閉じる
FX会社人気ランキングを見る