FX用語のロールオーバーとは?ロールオーバーはいつ起こるのかを解説

FX取引においてはいろいろな用語があります。「ロールオーバー」もその1つです。 ここでは、FXの取引における「ロールオーバー」のとは何なのか紹介します。

ロールオーバーとは?

ロールオーバーとは通常、外国為替市場での取引は2営業日後に受渡しによる決済を行うのが原則となっていますが、決済日を先送りにする方法になります。

その際に発生するのがスワップポイントです。 スワップポイントが発生するタイミングがロールオーバーになります。

ロールオーバーはいつ起こる??

ロールオーバーは、日本時間で午前7時のニューヨーク市場クローズ時点で行われます。この時点で未決済のポジションに対してロールオーバーが行われスワップポイントがつきます。FXは原則2営業日後を通貨の決済期日として行う取引です。そのため、長期間ポジションを(2営業日以降)保有する場合には、決済日を繰り延べする必要があります。 通常、翌営業日に繰り延べすることになりますが、その時に買っている通貨については繰り延べ日数分の受取金利が発生し、売っている通貨については支払金利が繰り延べ日数分発生します。そしてその差額調整分がスワップポイントとなります。

初心者に選ばれている定番FX口座を比較
外為オンライン

外為オンライン

DMMFX

FXブロードネット

FXブロードネット

FXブロードネット

口座開設数
二重丸-橙

約53万口座

二重丸-橙

約70万口座

三角-青

約17万口座

手数料のやすさ
(スプレッド)
丸-青

ドル/円 1.0銭 原則固定

二重丸-橙

ドル/円 0.3銭 原則固定

二重丸-橙

ドル/円 0.3銭 原則固定

サポート体制
二重丸-橙
丸-青
三角-青
初心者向け度
二重丸-橙
丸-青
丸-青
キャッシュバック

最大5,000円

最大20,000円

最大20,000円

公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら
閉じる
FX会社人気ランキングを見る